WORLD

イギリスでも「髪」校則... 髪切るよう求められ、男子中学生が転校へ

「髪は聖なるもの」家族と本人が拒否

2017年11月02日 12時56分 JST | 更新 2017年11月02日 15時48分 JST
YouTube/ This Morning
9月15日、テレビ番組「This Morning」に出演した母親と男子中学生

日本では、生まれつき茶髪の高校生に学校側が黒く染めるよう強制されたとして訴訟を起こし、海外メディアでも取り上げられた。  

一方、9月から新学期を迎えたイギリスでは、長髪を編み込んだドレッドヘアーを束ねている12歳の男の子に、入学先の中学校が短く切るよう求めた。

これに対し、男子生徒と家族は「髪形を変えたくない」と、他校に転校したことが、メディアに取り上げられている。この校則に反対するグループが10月末、デモを呼びかけ、学校の周辺で抗議の声を上げた。


BBCによると、男の子が通っているのはロンドン南西部の教会運営による「フリースクール」という形態の男子学校。様々な背景を持つ生徒がいて、髪形や身だしなみ、行動などで厳しい基準を設けているという。

9月15日のミラーによると、生徒は中学校に入って最初の週、「教師に月曜日までに髪の毛を切るよう言われた。動揺して心配になった。本当に学校に行きたかったから」と話しているという。

この生徒は、長いドレッドヘアーを束ねて上に上げた状態で通学していた。母親は「私の家族や多くの『ラスタファリアン』の家族の中では、髪の毛は神聖なものだと明確に言われている」として、学校の求めは「宗教と文化に対する攻撃だ」と受け止めているという。

「ラスタファリアン」とは、ジャマイカ発祥のアフリカ回帰思想。菜食主義、ドレッドヘア、ガンジャ(大麻)を「聖なるもの」としている。故ボブ・マーリーが信奉していたことでも知られる。