アート&カルチャー

鬼束ちひろ、ボウズになったことを発表。決断した深いワケとは?

単なるファッション以上の意味があるという。

2017年11月01日 17時01分 JST | 更新 2017年11月01日 17時06分 JST

歌手の鬼束ちひろさんが、長い髪の毛をバッサリと切って「ボウズ」になった写真を10月31日夜、公式Twitter上で発表した。

写真はスタッフが投稿。鬼束さんによく似合うファッショナブルな髪型だが、単なるファッション以上の意味があるという。イメチェンの理由について鬼束さんは直筆メッセージを寄せている。

そのメッセージは以下の通り。

「ファンの皆さん、いきなりびっくりさせて、ごめんなさい。あたし、ボウズになっちゃいました笑。実は、身近な大切な人が、ガンと診断され、もしかしたら、多分、抗がん剤治療を始めると思います。

で、髪の毛が抜けてくって聞いたから、あたしも一緒に頑張らないと!と応援の意味で、こう決めました。普段はウィッグを楽しみます!笑 その人が元気になるようにと、ファンの皆も、よかったら祈ってね。」

鬼束さんのイメチェンした姿やその決意に、Twitterには「マジカッコイイ」「本当に人の心に寄り添える優しく強い人」とのコメントが寄せられている。

なお、日頃はウィッグをつけて過ごすという。