これからの経済

「AIBO」12年ぶり復活 実は犬だけじゃなかった。ソニーの歴代ペットロボットを一挙紹介

ライオン?メカ? こんなモデルがありました。

2017年11月01日 16時24分 JST | 更新 2017年11月02日 00時47分 JST

ペット用ロボット「AIBO(アイボ)」が12年ぶりに復活する。

ソニーは11月1日、犬型ロボット「aibo」を2018年1月11日から通販「ソニーストア」で売り出すと発表した。販売予定価格は19万8000円(税抜き)。

朝日新聞デジタルによると、平井一夫社長は記者会見で「心のつながりを持ち、育てる喜び、愛情の対象となるロボット」と話したという。

ペット用ロボット「AIBO」は、1999年から2006年にかけて累計15万台が発売された。1〜2代目のAIBOはビーグル犬を連想させる外見だったが、3代目は子ライオン、4代目はクマと犬、5代目は河森正治氏による近未来的なデザインだった。

個性的な各モデルを画像集で振り返ってみよう。

初代「ERS-110」(1999年)

Reuters Photographer / Reuters

2代目「ERS-111」(2000年)

時事通信社

3代目「ERS-210」(2000年)

時事通信社

4代目「ERS-300」(2001年)

Reuters Photographer / Reuters

5代目「ERS-220」(2002年)


Reuters Photographer / Reuters

6代目「ERS-7」(2003年)

AFP=時事


7代目「ERS-1000」(2018年)

Kim Kyung Hoon / Reuters

【訂正】11年ぶり発売というのは、正確には12年ぶりでした。(2017/11/02 0:46)