NEWS

冬のボーナス平均91万円6396円で前年を1.19%下回る  5年ぶりの減少

経団連による大手企業の調査で判明。

2017年11月07日 08時54分 JST | 更新 2017年11月07日 08時54分 JST
冬のボーナス1.19%減 平均91万6396円

 経団連は6日、大手企業の冬のボーナス調査(第1回集計)を発表した。妥結額は平均91万6396円。過去最高だった前年冬を1.19%下回ったが、過去2番目に高い妥結額で、「支給水準としては極めて高い」(労働政策本部)としている。前年より減ったのは5年ぶり。業種別にみると、妥結額は自動車が97万1070円(1.94%減)で最も高く、増加率は食品が4.40%増(91万6256円)で最も高かった。

(朝日新聞デジタル 2017年11月07日 06時54分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)