これからの経済

ティファニー、まさかの「紙コップ」販売? 値段は1万4000円

「これが経営の多角化?」

2017年11月07日 14時11分 JST | 更新 2017年11月07日 14時12分 JST
Tiffany&Co公式サイト

アメリカの宝飾品大手ティファニーが、オンラインサイトで日用品を"いいお値段"で売りはじめ、人々を驚かせている...。

同社は「Everyday Object(日常的なもの)」という新しいカテゴリで、コップやヨーヨー、卓球ラケットなどの販売をはじめた。商品の多くはシルバーや、皮、ウォールナット材などを用いたハンドメイドの品だ。

同社は「私たちは、普通のモノを特別なモノににしてくれるような知性と機知に富んだものを提供します」と説明している。

いくつか商品を見てみよう。

●ペーパーカップ 1万4580円(1組)

実際には陶器製のコップだが、"Paper Cup"と名付けられている。

Tiffany&Co公式サイト

●ヨーヨー 4万5900円

Tiffany&Co公式サイト

●三角定規  6万1500円

Tiffany&Co公式サイト

以下は、日本版オンラインショップでは販売されていないが本国のサイトで購入することができるアイテム。

●卓球ラケット 650ドル(日本円で約8万5000円)

Tiffany&Co公式サイト

●コーヒー缶 1500ドル(日本円で約16万9000円)

Tiffany&Co公式サイト

 ↓

花をいけたりできるみたいです...。

Tiffany&Co公式サイト

●毛糸玉 9000ドル(日本円で約117万9000円)

Tiffany&Co公式サイト

これらの商品を、メディア各社は皮肉たっぷりに報じている。

高級ジュエリーで知られる老舗ブランドは、今年初めの決算報告で悲惨な経営状況を報告し、ビジネスの多角化を図るとしていた。 これが彼らの答えか?FOX NEWS
建築家以外の誰が、高校卒業後に定規を使うんだろうか。3つ、それぞれ別々に売られている定規は、ハイエンドな数学の講義にぴったりかも。 あるいは、ロケットの設計者へのクリスマスプレゼントとか?DailyNews
「ティファニーで朝食」は無理かもしれないけど、「ティファニーの95ドルの紙コップで朝食」ならあなたもできるかも。People

ティファニーは公式のInstagramアカウントで、商品の世界観を伝えるビジュアルを画像や動画を投稿している。