アート&カルチャー

16年ぶりの「再会」 安室奈美恵に小室哲哉が楽曲提供 平成の歌姫の"有終の美"に花

ま、待ってました…。

2017年11月08日 11時57分 JST | 更新 2017年11月08日 12時11分 JST
時事通信社/Namie Amuro公式サイト

2018年9月に引退する歌手の安室奈美恵のベストアルバム『Finally』が11月8日に発売された。小室哲哉プロデュースの新曲「How do you feel now?」も含まれており、話題を呼びそうだ。CDの実物で確認できる。

ミュージックビデオでは、安室の待つレコーディングスタジオに小室が向かうシーン、緊張と喜びの表情で再会を果たすシーン、固く握手するシーンなどが映し出されれるという演出がなされている。

"あなたの声と 私の声と 記憶を辿って 重なって また消えて 走り続けたBrightness、Darkness"

という歌詞に、2人の歩んだ道を重ねるファンも多いかもしれない。

■「小室ファミリー」の星、安室奈美恵

1995年にソロデビューした安室は、3作目の「Body Feels EXIT(1995年)」から小室哲哉がプロデュースした歌手、通称「小室ファミリー」の一員となってミリオンヒットを連発し、90年代のJPOP界で頂点に君臨した。

日本レコード大賞を最年少で受賞した「Don't wanna cry(1996年)」、発売から20年近くたった今なおウェディングソングの定番曲である「Can you celebrate?(1997年)」、九州・沖縄サミットのテーマ曲なった「NEVER END(2000年)」など、数々の記憶と記録に残る名作を生み出した。

エイベックス・エンタテインメント

エイベックス・エンタテイメント

エイベックス・エンタテインメント

しかしその後、2001年に安室は「小室ファミリー」を離脱。安室自身が他の路線に挑戦したいと考えたことなどが理由だったとされている。

その後は疎遠な時期が続き、小室の曲をまったく歌わない時期もあったというが、安室の「集大成の1年」に、ファン待望の共演となった。

小室は、9月21日の安室の引退発表直後、自身のTwitterアカウントで「何とも言えない寂しさを感じる」と心情を吐露していた。

■集大成の1年で、また偉業を達成

「How do you feel?」が収録されたベストアルバム『Finally』は、発売前の予約件数が100万件を突破した。

すでに10代、20代、30代の3世代でミリオンセラーを達成した唯一のソロアーティストだったが、これで4世代と更なる偉業を達成。

2018年2月からは東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5大ドームツアーも予定されている。

記憶にも記録にも残る「平成の歌姫」は、最後の1年をどう駆け抜けていくのだろうか。