NEWS

ふるさと納税の返礼品ランキング、職員にサイトを閲覧させて上位に 鹿児島・志布志

「納税がないと財源的にも厳しく、全庁一体で取り組んでいた」

2017年11月08日 09時17分 JST | 更新 2017年11月08日 09時18分 JST
朝日新聞社
ふるさとチョイスの返礼品ランキング「みんなが選ぶお礼の品TOP30 ~魚貝類~」で、志布志市のウナギは上位に入っている=ふるさとチョイスのウェブサイトから

ふるさと納税サイト、職員に閲覧させて上位に 志布志市

 返礼品競争が過熱するふるさと納税をめぐり、鹿児島県志布志市が職員に呼びかけ、返礼品紹介のサイトに組織的にアクセスさせていた。サイトに表示される人気ランキングで自治体名や返礼品の牛肉やウナギが上位になるよう狙ったという。朝日新聞の取材に市が認めた。

 サイトは「ふるさとチョイス」。利用者はサイトを通じて約1300の自治体に寄付ができ、寄付額に応じた返礼品を選ぶ。自治体ごとのPV(ページ閲覧)数や、利用者が気に入った返礼品のランキングも表示される。

 志布志市によると、市は昨年度からPV数の順位を上げようと、職員にサイトの使い方のマニュアルを配布。毎朝のあいさつで「ふるさとチョイスのページを見ましょう」と呼びかけたという。

 10月のPV数ランキングでは、志布志市など8自治体が過去に1位を累計で3回獲得した自治体が選ばれる「殿堂入り」。返礼品の「お気に入り」登録数のランキングである「みんなが選ぶお礼の品」では、「肉」部門で和牛が6位、「魚貝類」部門でウナギが4位と、市の返礼品が上位に表示されている。

 市ふるさと納税推進室の大迫秀治室長は「ゆるキャラグランプリで地元のキャラに投票を呼びかけるのと同じような感覚。納税がないと財源的にも厳しく、全庁一体で取り組んでいた」と説明。組織的なアクセスで「PV数ランキングの順位が上がった」としているが、寄付額への影響は「分からない」という。

(朝日新聞デジタル 2017年11月08日 08時01分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)

​​​​​​​