NEWS

「楽天」装う不審なメール出回る ⇒ 警視庁が注意喚起「ウイルスです」

タイトルは「[楽天]会員情報の変更に関する変更のお知らせ」など。

2017年11月08日 09時53分 JST | 更新 2017年11月08日 09時54分 JST

ネット上のショッピングモール「楽天市場」をなどを展開する「楽天」を装った不審なメールが出回っているとして、同社が注意を呼びかけている。

楽天の公式サイトによると、11月6日頃から「不審なメールが配信されている」と同社に問い合わせがあった。

不審なメールは「[楽天]会員情報の変更に関する変更のお知らせ」などの題名で配信されている。

メールの本文には「こちらをクリックして、ご請求を詳しく説明してください」「変更された情報は、以下のページよりご確認いただけます」といった文章とともに、URLを記載。クリックを誘導しているようだ。

楽天
楽天を装った不審なメール内容の一例

楽天は公式サイトで、「ウイルスの感染や個人情報の抜き取りなどの被害に遭う可能性」があるとして、不審なメールを開封したりURLをクリックしないよう注意を呼びかけている。また、以下の項目についても注意を喚起している。

  • 身に覚えのない内容のメールに記載されてるリンク、URLはクリックしない
  • リンク、URLをクリックしてファイルがダウンロードされる場合は開かない
  • 不明な添付ファイル(zip)は開かない
  • 宛先に自分以外の複数の受信者(メールアドレス)が入っているメールは開かない

警視庁も11月6日、「実在の会社を装っていますが、本文中のリンクをクリックしてダウンロードされるファイルはウイルスです。ご注意ください」と、メールを削除するよう注意喚起した。