WORLD

試験を延期させるため、下級生を殺害容疑 インドの16歳

「騒ぎを起こして学校が閉鎖されれば」などと供述しているという

2017年11月09日 10時04分 JST | 更新 2017年11月09日 13時16分 JST
Mukesh Gupta / Reuters
インドの国旗を顔にペイントし、独立記念日を祝うインド人の子ども。インドでは、子どもたちに高学歴を望む家庭が急速に増えている=2014年8月、インド北部のジャンムー

学校の試験を延期させるなどの目的で下級生の男の子(7)を殺害したとして、インドの捜査当局は11月8日、16歳の男子生徒を殺人容疑で逮捕した。イギリスのタブロイド紙「デイリーメール」電子版などが報じた。

デイリーメールによると、事件は9月、ニューデリー近郊のグルグラムにある私立のインターナショナルスクールで起きた。

男子生徒はナイフで下級生ののどを切るなどして殺害した疑いが持たれている。遺体はトイレの裏側で見つかった。

捜査当局の担当者は「学力的に劣る男子生徒が、試験と保護者面談を延期するために起こした」と明かした。

生徒は取り調べの中で、騒ぎを起こして学校が閉鎖されれば、試験などが延期されると思っていたとする趣旨の供述をしているという。

AFP通信によると、インドでは中流家庭が増加。それに伴い、子どもの高学歴を望む親が増えているという。

だが、それが子どもにとっては重圧となり、専門家らは、多くの若者たちが試験との向き合い方に難しさを感じていると分析。子どもの自殺者数も増加し、2015年には9000人近くにのぼったという。