NEWS

サンシャイン水族館、目玉の大型水槽で94%の魚が死ぬ

サンシャイン・ラグーンの1235匹が死んだと確認された。

2017年11月09日 09時11分 JST | 更新 2017年11月10日 13時57分 JST

東京・池袋のサンシャイン水族館は、大型水槽「サンシャインラグーン」で飼育しているトビエイなどの魚類24種類1235匹が死んだと11月8日、発表した。産経ニュースなどが伝えた。

展示の目玉となっているこの大型水槽の生物の94%に当たり、酸欠が原因とみられるという。

この水槽では、7日に魚の体にはんてんが現れる病気の治療として薬品を投入し、その効果を高めるために、細かい空気の泡で水槽内のフンなどを取り除いている装置を止めたところ、8日の朝、巡回中の警備員が大量に死んでいるのを見つけたという。

水族館は9日も通常通り営業するが、同水槽で通常実施している水中パフォーマンス、エサやり体験、探検ガイドツアーなどを中止すると公式サイトで伝えている。

サンシャイン水族館はNHKの取材に対し「再発防止に努めるとともに、徐々に魚を増やし美しい水槽にしてまいります」とコメントした。

サンシャイン水族館公式サイト

おすすめ記事

学校給食がつなぐ、子どもたちの「夢と希望」。アフリカ・スーダンの現場から見た国連WFPの食糧支援[Sponsored]

ネットで議論噴出!Amazonプライム・ビデオ「戦闘車」最終話公開、浜田軍vsジュニア軍のカーアクションが攻めすぎ。[Sponsored]