WORLD

「独島エビ」 韓国・大統領府による、特殊な入手ルートが明らかに?

販売会社の代表の男の元に、突然の電話が。国道沿いで、黒のSUV車から男3人が降りてきた…

2017年11月10日 17時17分 JST | 更新 2017年11月10日 17時20分 JST

「独島エビ」をめぐって、大きな騒動になっている。

韓国の大統領府は11月7日、アメリカのドナルド・トランプ大統領を歓迎する国賓晩餐会で、このエビを提供した。

ロッテ百貨店

これを受け、菅義偉官房長官は「北朝鮮問題への対応に関し、日米韓の連携強化が求められている。緊密な連携に悪影響を及ぼすような動きは避ける必要がある」と不快感を示した

韓国 青瓦台

「独島エビ」は、韓国で「桃花エビ」とも呼ばれている。日本ではトヤマエビ、ボタンエビと呼ばれている。

アジア経済」によると、「独島エビ」は、2016年10月に放送されたバラエティ番組『マイ・リトル・テレビジョン』で紹介されたことがある。番組に登場した和食のシェフは「桃花エビは、国内では独島だけで獲れる」「原価は1匹あたり1万5000ウォン(約1520円)」と説明した。

News1」によると、ロッテ百貨店での販売価格(2017年5月時点)は、100gあたり1万4500ウォン(約1470円)だった。

韓国の大統領府は、このエビをどうやって購入したのだろうか。

韓国東南部、慶尚北道鬱陵邑(ウルルン邑)に、「独島エビ」を仲買いする会社がある。この会社の販売先はソウルを含む韓国各地に広がっている。

毎日、活魚車2〜3台とともに鬱陵島(ウルルンド)に直接赴いて海産物を買い付け、また漁にも出ている。

この会社のソ・ドングク代表宛てに、ある日、ちょっと変わった電話がかかってきたと「中央日報」が伝えている。それは、晩餐会2日前にあたる、11月5日、午後4時ごろの出来事だった。

ソ代表が電話を受けたのは、ソウル市に向かって移動中のこと。彼の液晶に浮かんでいたのは、知らない番号だった。

電話の男は、「独島エビ5キロが必要だ」と話し、活魚車の中には、ちょうど「独島エビ」があった。「わかった」と答えると、電話の男は「京畿道高陽市の道路沿いで会おう」と伝えてきたという。

ソ代表はその日の夜11時、ソウル市に向かう人里離れた国道沿いで電話の男に会った。黒のSUV車から男3人が降りてきた。服装はスーツのズボンに革靴を履いていて、ジャンパー姿だったという。

彼らは身分を明かさないまま「独島エビ」5キロを購入し、車に積み込んでその場を離れた。20人ほどが食べられる量で、一般のお客が買うには多い。

ソ代表は、「大統領府関係者だと確信を持って言えない。しかし、こうした方法での取引が非常に特殊なのは確かだ」と話した。

晩餐会で提供されたとみられる「独島エビ」は、4日、鬱陵島で「独島エビ」専門の会社を運営するパク・ジョンヒョン代表が、9.7トンの漁船で獲った最上級のものだった。卸値で、1kgあたり15万ウォン(約1万5200円)を超えるものだった。

ハフポスト韓国版から翻訳・編集しました。