NEWS

どの動物が人間を一番殺しているのか...? ビル&メリンダ・ゲイツ財団がまとめた驚きの結果

すごく小さい生き物だった

2017年11月11日 19時04分 JST | 更新 2017年11月11日 22時21分 JST
gatesnotes

1年で最もたくさんの人間を殺す動物は、何だろうか? 興味深い統計をまとめたビジュアル資料がある。

マイクロソフトの創業者で「ビル&メリンダゲイツ財団」を運営しているビル・ゲイツ氏が、自身のブログ「gatesnotes」で公表した「世界の殺し屋の動物たちー1年で動物に殺される人間の数」(World's Deadliest Animals)の2014年4月公開版を見てみよう。WHOなど各種統計から引用してまとめた。

内訳は

サメ 10人

オオカミ 10人

ライオン 100人

ゾウ 100人

カバ 500人

ワニ 1,000人

サナダムシ 2,000人

カイチュウ 2,500人

巻き貝 10,000人

サシガメ 10,000人

ツエツエバエ 10,000人

イヌ  25,000人

ヘビ  50,000人

人間 475,000人 (戦争など武力行使以外の殺人)


圧倒的に人間を引き離し、年間725,000人を殺している動物がいた。


gatesnotes



1年で72万人も殺している動物とはーーーー

abadonian via Getty Images
マラリア原虫を媒介しているハマダラカ


「蚊」だった。


蚊に刺されて亡くなる代表的な病気が、マラリアだ。

マラリア原虫を保有しているハマダラカに刺されて感染する。

WHOのマラリアレポートによると、世界で年間約2億人が感染し、約43万人(推計)が亡くなる。WHOによると、マラリア死亡者の90%が、サハラ以南のアフリカ地域に集中している。

発熱や脳炎を引き起こすウエストナイルウイルス、子どもが重症になりやすいデング熱も、蚊によって媒介される。

2016年、World's Deadliest Animalsの改訂版が新たに公表された。

改訂版では、サソリ(死亡者=3500人)やハチ(60人)、クラゲ(40人)、トラ(50人)が新たに追加されたほか、前回登場した動物の数字も更新された。それでも蚊(830,000人)が人間(580,000人)を引き離し、圧倒的な多さだった。

ゲイツ氏はブログに載せた改訂版の投稿文で、動物による死亡者を「2015年のエイズか糖尿病の死亡者とほぼ同じ数」と説明。「リストにあるもっと小さい生き物に比べたら、サメなどはそんな恐ろしいものではない」としている。

おすすめ記事

学校給食がつなぐ、子どもたちの「夢と希望」。