NEWS

大谷翔平が大リーグ移籍を会見で表明 「昨日、球団に伝えた」【一問一答】

「球団の方に感謝を伝えたが『こちらこそありがとう』という言葉をもらった」

2017年11月11日 15時19分 JST | 更新 2017年11月11日 19時59分 JST
Asahi
記者会見場の席に座る日本ハムの大谷翔平選手=11日午前11時、東京都千代田区、長島一浩撮影

ネクタイ「日本ハムへの感謝の色」 大谷、一問一答

 11日に大リーグ移籍を表明した日本ハム・大谷翔平選手(23)の会見での主な発言は次の通り。

 (冒頭で自ら口を開き)昨日、球団にポスティングによるメジャー移籍をしたいと伝えた。容認と、温かい言葉をいただいた。

 5年間、ファイターズでお世話になった。(投打の)二つやってきたということが、球団にとって、また日本球界にとって、本当にプラスなのかなと思った時もあるが、いろんな人に支えられて、一日一日を大切にしながら、前に進んでくることができたと思う。本当に感謝しかない。

 球団からは「応援している」と言ってもらった。本当にうれしく思ったし、ファイターズに入って良かったなと思うし、きっとそれは一生思うんだろうなと話を聞いていた。

 ――今季はけがに苦しみ、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の出場辞退などもあった。

 自分の不注意な部分もあり、悔しかった。去年の優勝から今年、連覇を目指す中で迷惑をかけた部分がたくさんあった。申し訳なかった。

 ――大リーグでも二刀流を貫くのか。

 最初は僕とスカウトの方々や栗山監督、ごく少数が思い描いた二刀流を続けてきた。5年間を通して、多くのファンに応援してもらい、もう自分だけのものではないのかなという思いももちろんある。ただ、これは自分だけの気持ち。そういう環境があるのかどうか分からない。(各球団の)話を聞いてみたい。

 ――けがは今回の決断に影響しなかったのか。

 心の片隅にメジャーリーグにいつか行きたいという気持ちがあった。それを明確に考える余裕は、正直一年一年なかった。昨年の優勝があって、ようやく一つ達成感があったのかなと思っている。そこを経てちょっとずつ、やっぱり行きたいなという気持ちが大きくなった。その中でのけがだったが、夢に対する気持ちが小さくなったことはない。

 ――大リーグで対戦したい打者、投手は。

 実名を挙げていいほどの選手じゃないと思う。まずは自分がその位置までレベルを上げていくこと。

 ――なぜ、このタイミングか。2、3年待てばもっといい契約を結べるという考え方もある。

 まだまだ不完全な選手。そういう状態の中でぜひ行ってみたい。高校卒業の時もそうだった。そこが一番強いのかなと思う。

 ――希望球団が投手に専念してほしいとなれば、どうするか。

 まず、(二刀流ができる)環境があるのかないのか。話を聞いてみなければ分からない。ただ一つ言えるのは、高校卒業の時にはごく少数の人しか(二刀流を)思い描いていなかった。今は期待してくれている人たちがいる。その人たちの分も、頑張っていきたいなという気持ちはもちろんある。おもしろい部分もたくさんあった。やってきてよかったなと思う。

 ――将来的に世界一になるという思いは。

 そこは必ず、世界一の選手を目指していく上で通るべき場所なのかなと思う。野球をやる上での最終目標でもあると思う。そこはぜひ経験してみたい。

 ――子供たちに夢を与えたと思うが、残せたものは。

 今でも分からない部分がある。昨日、球団の方に感謝を伝えたが「こちらこそありがとう」という言葉をもらった。球団の力にはなれたのかなと、ありがたい気持ちになった。

 ――故郷の岩手への思いは。高校時代に東日本大震災もあった。

 今季、試合が岩手であったが行けなかった。それがやり残したこと。申し訳なかったと、今年一番思っている。仙台の試合にも、岩手から来てくれる人がいた。感謝しかないと思う。

 ――大リーグを目指したきっかけは。また、プロ入り後に日米野球などを経て、自分と大リーグとの距離をどう感じていたか。

 子供の頃からテレビで見てきた中で、いろんな日本人の選手が挑戦して、やっぱり自分も行ってみたいなと思う、少年の時の心じゃないかなと思う。高校で最初に声をかけてもらったのがメジャーのスカウトだった。そこがきっかけかなと思う。距離感としては分からないというのが正直な気持ち。そんなに近づいたなという気持ちはないが、ただ、この5年間に自信は持ってもいいのかなと思っているのは事実。

 ――WBCを辞退したことへの心の残りは。2020年には東京五輪もある。

 声をかけていただいて光栄だった。五輪は、数年後自分がどういう選手になっているか分からない。一つ言えるのは、また選んでもらえるように実力を磨いていきたい。

 ――ネクタイ色(紫か青に近い)に意味はあるのか。

 ご想像にお任せします(笑)。(大リーグの希望球団の色とか)そういうことではない。ファイターズに感謝しているので、この色をつけたいと思った。

 ――日本球界で印象に残った一球、一打は。

 (昨年)リーグ優勝した時(西武戦)はすごいうれしかった。最後まで投げ抜けるとは思わずに飛ばして、最後までマウンドにいられた。どの1球より価値があったと思う。プロ初打席で見逃し三振した時、相手投手は(当時西武、現楽天の)岸さんだったが「すごいな」と思った。

(朝日新聞デジタル 2017年11月11日 13時56分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)

おすすめ記事

学校給食がつなぐ、子どもたちの「夢と希望」。 [SPONSORED]