NEWS

「わけわからん」。ダウンタウンの浜田さんが松井・大阪知事にツッコミ?

父が大阪万博・ソ連館をペンキ塗りしたという

2017年11月13日 07時32分 JST | 更新 2017年11月13日 07時32分 JST

ダウンタウン、大阪万博を語る 松井知事と誘致PR

 政府が2025年の大阪開催を目指す国際博覧会(万博)に向けて、お笑いコンビ「ダウンタウン」が12日、大阪・御堂筋を歩行者天国にしたイベント「御堂筋ランウェイ」に登場し、松井一郎・大阪府知事と万博誘致をPRした。

 官民でつくる万博誘致委員会のアンバサダー(大使)を務めるダウンタウン。この日は1970年の大阪万博も振り返りながらPRした。

 松本人志さんは「もう混み合って、人気の所はなかなか入れなかった」。浜田雅功さんも、ペンキ屋の父親が当時の「ソ連館」を塗る仕事に携わったことに絡めて、「次、当然大阪(開催)で、ちょっとだけでもおやじに塗らせてあげたいなと」と話した。

 松井知事が「次の大阪万博のテーマは『いのち輝く未来社会のデザイン』で、マイナス10歳を目指している」とPRすると、浜田さんから「知事、わけわからん」と突っ込まれる場面も。司会の今田耕司さんが「アンチエイジングのテクノロジーを大阪から世界に発信するということですよ」と、代わりに解説してPRは終了した。(佐藤恵子)

朝日新聞社
「御堂筋ランウェイ」の舞台で、万博誘致アンバサダーのダウンタウンと大阪万博をPRする松井一郎・大阪府知事(右から3人目)と吉村洋文・大阪市長(同2人目)=12日、大阪市中央区、橋本弦撮影

(朝日新聞デジタル 2017年11月12日 20時19分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)