NEWS

中学校のグラウンドが突然陥没し、深さ最大5m超の穴。中学生2人が軽傷

原因を調べている。

2017年11月14日 08時56分 JST | 更新 2017年11月14日 13時10分 JST
朝日新聞社

授業中に運動場が陥没、中学生2人軽傷 深さ最大5m超

 堺市中区の市立平井中学校で13日午前10時20分ごろ、授業中に運動場が陥没し、女子生徒2人が軽傷を負った。市教委が同日発表した。運動場の使用を禁止し、原因を調べている。

 市教委によると、2年生の2学級の女子生徒35人が体育でハンドボールの授業中、生徒(13)が地面を踏み抜くように首まで穴にはまった。さらに助けようとしたほかの生徒(14)の足元も崩れて落ち、女性教師(23)も穴に滑り落ちた。生徒2人は足に擦り傷や打撲を負った。

 穴は縦2・4メートル、横0・8メートル、深さ最大5・4メートル。中には水がたまっており、深さ約3・4メートルあった。地表から約1メートルに排水管があり、生徒はこれに引っかかるなどして底まで落ちなかったという。

 平井中は1985年開校で、以前は田だった。陥没した穴の側面に木片があり、もともと井戸などがあった可能性があるという。(大隈崇)

(朝日新聞デジタル 2017年11月13日 19時56分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)

世界の巨大な穴10選

おすすめ記事

学校給食がつなぐ、子どもたちの「夢と希望」。アフリカ・スーダンの現場から見た国連WFPの食糧支援[Sponsored]

AIって本当にバラ色の未来を約束するもの? 専門家に聞いてみた[Sponsored]