ライフスタイル

素敵な宿に無料で泊まれる。イタリアの「物々交換ウィーク」って?

折り紙が得意だったら、フィレンツェに行きませんか

2017年11月15日 16時02分 JST | 更新 2017年11月15日 16時20分 JST

イタリアで、お金を払う代わりに、スキルや持ち物を提供して泊まれる1週間がある。

例えばこんな素敵な場所に......。

LA SETTIMANA DEL BATATTO. IT

11月13日〜19日の1週間、イタリアでは各地のB&B(朝食付きの宿泊施設)に無料で泊まれる、「バーター(物々交換)ウィーク」が開催されている。

宿泊者はお金ではなく、自分のスキルや物を提供する。どんなスキルがいいかは、宿のオーナーさん次第。

バーターウィークのウェブサイトには、参加するB&Bが地域ごとに掲載されているので、自分の好きな地域から泊まりたい宿を選んでみよう。

それぞれのページにある「Contact」ボタンをクリックすると、メッセージを送る欄が表示されるので、自分がオファーできるものを書いてオーナーさんにメッセージを送信し、交渉する。

スキルや物はなんでもありだ。お菓子づくりや楽器のレッスン、マンガ、マーケティングスキル、ダンスレッスン、写真、日本語のレッスン......。

イタリア語か英語での交渉になるけれど、オーナーさんにどんなものが必要か聞いてみよう。

また、オーナーさんが自分が欲しいものを「Wish List」にして掲載しているB&Bもある。

例えば、フィレンツェの「IL PALAGETTO GUEST HOUSE」が希望するのは、日本人アーティストによる折り紙や切り紙のレッスン。折り紙を教えたらフィレンツェの宿に無料で泊まれるなんて、日本人には嬉しいオファーだ。

他にも、スキルだけではなく木材の切り出しや庭づくりの手伝いなど労働力を募集しているB&Bもあるから、うまく自分とマッチする宿を探すのもいいかもしれない。

ウェブサイトには、魅力的な宿が写真とともに掲載されている。

LA SETTIMANA DEL BATATTO. IT
LA SETTIMANA DEL BATATTO. IT

LA SETTIMANA DEL BATATTO. IT

2009年に始まったバーターウィークは、2017年で9回目。プレスリリースによると、このイベントはヨーロッパやアフリカ、アメリカ、アジア、オセアニアなど49カ国に広がっている。

無料で泊まれるだけではなく、現地の人と文化の物々交換ができるとても貴重な機会。

2017年は間に合わないかもしれないけれど、来年の旅行先の候補にいれるのはいかが? なかには1年中物々交換でゲストを受け入れるB&Bもある。