アート&カルチャー

声優・鶴ひろみさん死去で海外ファンが追悼イラスト「ブルマに命を吹き込んでくれてありがとう」

鶴さんが演じたキャラクターが描かれたイラストや哀悼の声が続々と…。

2017年11月17日 14時44分 JST | 更新 2017年11月17日 15時35分 JST

声優の鶴ひろみさんが死去したことを受けて、海外でも悲しみの声が広がっている。

鶴さんは「アンパンマン」のドキンちゃん、「らんま1/2」の久遠寺右京など数々の有名キャラクターを好演。また、長年に渡って「ドラゴンボールシリーズ」のブルマの声を担当していた。

訃報を受けて、海外ファンからは「私の人生で、かけがえのないものをくれた」などの哀悼の声がTwitterに相次いだ。鶴さんが演じたキャラクターを描いたイラストなども投稿されている。

■「ブルマに命を吹き込んでくれてありがとう」

ブルマは「ドラゴンボール」第1話から登場。山奥で祖父とともに暮らしていた主人公・孫悟空にとって、ブルマは祖父以外で初めて出会った最初の仲間。物語の中でも特別なキャラクターのひとりだ。

鶴さんは海外でもオリジナル版のブルマ役声優として知られ、多くのファンから愛されていた。

■「彼女がいなくなるなんて寂しい...」

■「鶴ひろみさんに捧ぐ」

■「ドラゴンボールなくして、私はなかった」

■日本語で「いなくなったのは悲しい」と綴る人も...

■ブルマの夫、ベジータとともに...

■「アニメ界は偉大な才能を失った」

■『きまぐれオレンジ☆ロード』鮎川まどか役でも知られました。

「誰もが彼女のことを記憶しつづける」