WORLD

アジア人差別騒動が原因? ジジ・ハディッド、ヴィクシーのショーを欠場

目を細める行動が、「人種差別」と批判された。

2017年11月19日 12時50分 JST | 更新 2017年11月19日 15時33分 JST
Charles Platiau / Reuters
ジジ・ハディッド

11月20日に中国・上海で開催されるランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーに出演予定だったモデルのジジ・ハディッドが、ショーを欠場することを自身のTwitterで明らかにした。

ジジはショー欠場の理由を明かしていないが、インディペンデントなど複数の海外メディアは、2017年2月に「アジア人を侮辱している」などの批判が相次いだジジの行動が理由で、中国政府からビザの申請を却下されたと報じている。

「中国に行けなくてがっかりしている」

ジジは11月16日、自身のTwitterを更新。「今年、中国に行けないことにとてもがっかりしています」と書き込み、ヴィクトリアズ・シークレットのショー欠場を発表した。

今年、中国に行けないことにとてもがっかりしています。ヴィクトリアズ・シークレットのファミリーを愛してる。心の中では一緒です。ショーを見るのが待ちきれないし、間違いなく素晴らしいショーになると思う。それに、もう来年のショーが楽しみ!

ジジは2015年にヴィクトリアズ・シークレットのモデルとしてランウェイデビューしており、2016年にもパリで開催されたショーに出演した。

この投稿には、ファンから「とてもショックです」など悲しむ声が寄せられている。

目を細める仕草に「人種差別」との指摘

一方で、「中国の文化を損なう行動をしたから」とコメントが付くなど、ジジの過去の行動がショー欠場の原因になったとする指摘もある。

2017年2月、ジジが目を細めてアジア人の顔を真似る様子を妹のベラ・ハディッドがSNSに投稿した。問題となった動画では、ジジが仏像か力士とみられる顔をかたどったお菓子を手に取り、目を細めて笑顔を見せる様子が写っている。

この行動に対し、ネット上で「アジア人に対する侮辱行為」「人種差別」との批判が相次いだ。BBCによると、ジジは中国版Twitter、微博(ウェイボー)で自身の行動を謝罪したという。

また、南アジアにルーツを持つジジの恋人、ゼイン・マリク(歌手)が「彼女はアジア人が好きだよ」と擁護するツイートを投稿している

ジジ本人やヴィクトリアズ・シークレット側はショー欠場の理由を明かしていないが、こうした行動が理由で、渡航ビザが発給されなかったとする報道もある。

同ブランドのファッションショーをめぐっては、出場予定だった歌手のケイティ・ペリーもビザの許可が下りず、出場を断念したと報じられている

ペリーは自身の台湾・台北で開催したコンサートで、ひまわりをモチーフにした衣装を着用し、台湾の旗「青天白日旗」を身に纏った。ひまわりは、台湾の学生らが中国とのサービス貿易協定に反対した「ひまわり学生運動」のシンボルとされており、当時のペリーの行動が中国政府から問題視されたと指摘されている。