WORLD

ムガベ大統領が声明。失敗認めるも退任は言及せず 「世代間の対立は解決しなければならない」

「(来月の)与党大会を取り仕切る」などと述べた。

2017年11月20日 08時33分 JST | 更新 2017年11月20日 08時37分 JST
Philimon Bulawayo / Reuters
テレビ演説をするジンバブエのムガベ大統領。November 19, 2017. REUTERS/Philimon Bulawayo

軟禁中のムガベ氏、退任は言及せず 国営放送で声明

 アフリカ南部ジンバブエで軍が政権中枢を掌握した問題で、自宅軟禁にあるムガベ大統領(93)が19日夜、国営放送ZBCを通じて声明を発表し、「(来月の)与党大会を取り仕切る」などと述べた。退任を表明するという情報も流れたが、言及しなかった。

 ムガベ氏は声明の発表に先立ち、軍と2回目の会談を実施。前回に続いて退任を拒否したとみられる。その後、ムガベ氏は軍幹部が見守る中で声明を読み上げ、自身の政権下で失敗があったことは認めつつ、「世代間の対立は解決しなければならない」などと述べた。

 一方、政権与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU―PF)は19日、ムガベ氏の党首解任を決定。20日正午までにムガベ氏が大統領職を退任しなければ、21日に議会で弾劾(だんがい)手続きを進める意向を示した。与党や国民の支持を失ったムガベ氏にとって、大統領続投は難しい状況だ。(ハラレ)

(朝日新聞デジタル 2017年11月20日 07時33分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)