アート&カルチャー

北海道大を彩った雪化粧が美しすぎる Twitter写真に元道民すら「帰りたくなる><」

3週間前は紅葉が見ごろだった

2017年11月20日 14時09分 JST | 更新 2017年11月20日 15時30分 JST

雪に彩られた北海道大(札幌市)キャンパスの木々を載せたTwitter画像が投稿され、11月20日までに6万を超す「いいね!」が付いている。

撮影したのは、北大1年のかなざわありたかさん(20)。
もともと写真が好きで撮り続けていたが、今年8月、貯めた小遣いなどでSONYのアルファ7Ⅱを買ってからというもの、さらにまめに撮影するようになった。

19日早朝、目を覚ますと外が一面雪景色に変わっていた。カメラを手に、歩いて15分ほどの北大キャンパスへ向かった。

外はマイナス1.5度の寒さ。

以前から「北海道らしい」とお気に入りだった、まっすぐ伸びているメーン道路の並木やイチョウ並木を撮った。夜の様子も撮影した。

10月下旬には見頃を迎えたイチョウの紅葉がライトアップされた様子を撮った。雪が降ったのはそれからわずか3週間後だった。

ARITAKA KANAZAWA
かなざわさんが撮影した雪のイチョウ並木(左)。ほんの3週間前、同じ場所でかなざわさんが撮影した紅葉のライトアップ(右)


かなざわさんは兵庫県出身。「寒くなるとは聞いていたが、こんなに一気に冬になるとは」と驚く。Twitter上に寄せられた「元道民です。雪景色、美しくて懐かしいです・・・。 札幌に帰りたくなりました><」などの反響に驚きながら、「自分の撮った写真でこんなに感動してくれる人がいたのは本当にうれしい」と話す。