アート&カルチャー

超絶インスタ映えする「レアンドロ・エルリッヒ展」がやばすぎた。

やばいって!

2017年11月24日 17時08分 JST | 更新 2017年11月25日 01時23分 JST

突然ですが、やばいです!

Kei Yoshikawa / HuffPost Japan

うおおおおお、やばいって!

Kei Yoshikawa / HuffPost Japan

あああああ、たのしい!

Kei Yoshikawa / HuffPost Japan

どうなってるのか、わかりました? では、タネ明かしを......。

Kei Yoshikawa / HuffPost Japan

実は、こんな風になっています。正面にあるのは鏡で、建物は床に描かれている絵です。

だから、これはピンチ! じゃなくて...

Kei Yoshikawa / HuffPost Japan

床に寝てるだけ。

これ、東京・六本木の森美術館でやっている展覧会「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」に展示されているアート作品のひとつです。作者は1973年、アルゼンチン生まれの現代アーティスト。作品を見ていると、不思議な世界に連れて行かれそう。

たとえばこの船、浮かんで見えますが、水はありません。

AOL

机に座ると、教室の絵にぼんやりとした影が現れて...ホラーっぽい。

AOL

めっちゃ遊べる深く考えさせられる作品が、いくつもありました。

しかも、この展覧会、写真撮影・インスタ投稿も大歓迎なんです(フラッシュはダメ)。

ほかにもインスタ映えする作品がいくつもあって、写真を撮るのに忙しい......。

作品に込められた考えを知れば、もっと楽しめるかも。森美術館のキュレーター・椿玲子さんが、エルリッヒ作品の魅力と、その背景にある思想を解説してくれました。

「『習慣や既成概念は、恐ろしいほどの耐久性で、私たちがおそらく気づかないくらいに、私たちのリアル、現実認識をコントロールしている。そうした事実について、鑑賞者が作品を通じて考えるきっかけになれば良いと思っている』と、エルリッヒは語っています」

「本展の副題『見ることのリアル』には、まさに、こうしたエルリッヒの希望と決意が込められているのです」

なるほどですね〜。

来て、見て、体験して、考える...。五感で楽しめる展覧会、そんな「レアンドロ・エルリッヒ展」でした。

==========
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
会期:2017年11月18日(土)~ 2018年4月1日(日) ※会期中無休
会場:森美術館
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)※火曜日のみ、17:00まで(最終入館 16:30)
==========