WORLD

謎のシークレットサンタ「チャーリーK」 トイザらスで100万円以上を肩代わり

ふらりとやってきた男性が……。

2017年11月26日 16時50分 JST | 更新 2017年11月26日 17時44分 JST
Rick Wilking / Reuters

「チャーリーK」という謎の男性が、アメリカで話題になっている。

この男性は、ふらりとニュージャージー州のトイザらスにやってきて、他の人が取り置きしたおもちゃの代金を支払ったのだという。ハフポストUS版など複数メディアが報じている。

アメリカでは、プレゼントなどを買う際、品物を店に取り置きして、分割払いが終わったタイミングで品物を受け取る、というシステムがある。男性は、どこかの誰かが払うはずだった残金を、太っ腹にも代わりに払った。

何も知らずに店にやってきた人たちは、自分の残金が「いつの間にか、支払われていた」ことを知って、どれほど驚いただろうか。

地元メディアNJ.comがトイザらスに確認したところ、男性が肩代わりした金額は1万780ドル。

男性はさらにおもちゃを2000ドル分買って、恵まれない子どもたちにおもちゃを配る慈善団体「Toys For Tots」に寄付したという。

日本円で、あわせて140万円以上だ。

テレビ局CBSの取材に「チャーリーK」とだけ名乗った男性は、「なぜ」と聞かれて次のように答えた。

「うーん......、僕は、ただ、幸せを届けたかった。僕や家族を幸せにしてくれたこの地域にね。僕はこの地域のことが本当に好きだし、恩返しがしたかったんだ」