NEWS

デートレイプドラッグによる性被害「直後の尿採取が重要」支援体制が急務

「薬は体から早く排出される」

2017年11月26日 19時40分 JST | 更新 2017年11月26日 20時11分 JST

薬の性被害直感「尿取って警察を」 直後の支援体制急務

 デートレイプドラッグによる被害は直後の対応が重要になる。警察に届け出る前の段階から被害者を支援する態勢の整備が急務だ。

 「フラフラして歩けない状態の女の子がいる。話を聞くと性被害に遭っているようだけど、どうしたらいい」

 今年の夏、大阪府内の救急病院から、同府松原市の阪南中央病院内にあるNPO法人「性暴力救援センター・大阪SACHICO」に電話があった。電話を受けた支援員は同病院の医師に連絡。医師は薬物の可能性を直感し、「尿を採って、警察とともに連れてきて」と伝えた。

 尿検査では睡眠薬の反応が出た。被害に遭った少女の親の了解を得て尿を警察に提出。少女は体調がすぐれず、治療と経過観察のため、そのまま入院した。

 「薬は体から早く排出されるので、被害直後の尿や血液の採取が重要。すぐに医師が対応する必要がある」。SACHICO代表の加藤治子医師は強調する。

 SACHICOは、性暴力被害者を支援するワンストップ支援センターの先駆けとして2010年に同病院内に開設。加藤医師らが中心となり、これまで約1500人を診察してきた。

 室内には冷凍庫があり、被害者が警察への申告をためらう場合でも、被害直後に採取した証拠を保管できる。協力病院と呼ばれる府内9病院で採取した証拠も引き継いで保管する。

 SACHICOはまた、被害者が協力病院で適切に診察を受けられるように各病院を回って研修するほか、3カ月ごとに事例検討会を開き、病院間の情報共有を進めている。加藤さんは「まず診察した医師に、おかしいと思ってもらうことが大切。会議などを通し、日頃から相談できる関係になっていることも大きい。質の高い支援には、拠点病院と協力病院の連携が欠かせない」と指摘する。

(朝日新聞デジタル 2017年11月26日 19時03分)
関連ニュース