NEWS

西郷輝彦さん、がん再発を公表 6年前に前立腺がんと診断

来年春ごろまで治療を優先するという。

2017年11月30日 16時39分 JST | 更新 2017年11月30日 18時50分 JST
時事通信社
▽西郷輝彦 サイゴウテルヒコ  俳優  (舞台「冬のひまわり」制作発表会見。東京都千代田区の赤坂プリンスホテル)  撮影日:2007年10月17日

西郷輝彦さん、がん再発を公表 博多座の舞台降板

 俳優の西郷輝彦さん(70)が、がんが再発したと診断され、来年3月に出演予定だった博多座(福岡市)の舞台「舞妓(まいこ)はレディ」を降板することになった。所属事務所を通じて、30日公表した。

 来年春ごろまで治療を優先するという。6年前に前立腺がんと診断され、手術を受けていた。

 西郷さんは「一日も早く皆様の前に、完全復活した姿で、歌と芝居のパフォーマンスをご披露できるよう、心して病と向き合う所存でございます」とコメントしている。

(朝日新聞デジタル 2017年11月30日 16時12分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)