NEWS

沖縄女性遺棄事件、元米軍属に無期懲役判決

シンザト被告は最終陳述で「私は悪い人間ではない。このようなことになったのは私の意図したことではない」と述べていた。

2017年12月01日 15時28分 JST | 更新 2017年12月01日 15時28分 JST
朝日新聞社
初公判でのシンザト被告=那覇地裁、絵・サイトウカナエ

元米軍属に無期懲役判決 沖縄・うるまの女性殺害事件

 沖縄県うるま市の女性(当時20)が昨年4月に殺害された事件の裁判員裁判で、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)は1日、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた元米軍属のケネフ・フランクリン・シンザト被告(33)に対し、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 シンザト被告は「殺すつもりはなかった」と主張しており、殺人罪が成立するかどうかが争点だったが、判決は被告に殺意があったと認め、殺人罪を適用した。

 検察は公判で、被告は女性の頭を棒で5~10回殴って首を絞め、首をナイフで何度も刺すなど「死亡の危険性が高い行為を繰り返した」と指摘。殺意はあったとして、無期懲役を求刑した。被告が逮捕後に首付近を刺したと認めた点も「不利益な供述をしており、十分な信用性がある」と主張していた。

 弁護側は、女性が首を刺されたことは、解剖結果などからも立証されていないと反論。殴ったのは1回だけで、首を絞めたことも「強姦目的で死ぬほど絞めるはずがない」と殺意を否定した。被告の逮捕後の供述については「動揺、混乱があり、不正確」とし、女性が被告と草むらに倒れた際、頭を打って死亡した可能性があると主張していた。

 被告は初公判の罪状認否の後、黙秘を続けていたが、最終陳述では「私は悪い人間ではない。このようなことになったのは私の意図したことではない」と述べていた。(菅原普)

(朝日新聞デジタル 2017年12月01日 14時53分)
関連ニュース