WORLD

ティラーソン国務長官更迭で調整 トランプ大統領と外交方針めぐって対立

会議の場でトランプ氏を「バカ」と呼んだとされる

2017年12月01日 09時37分 JST | 更新 2017年12月01日 09時37分 JST
Carlos Barria / Reuters
トランプ政権のティラーソン国務長官

トランプ政権、ティラーソン国務長官更迭で調整 米報道

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は30日、トランプ米政権が、外交を担うティラーソン国務長官を数週間内に更迭させる方向で調整していると報じた。後任には中央情報局(CIA)のポンペオ長官の名があがっている。トランプ大統領とティラーソン氏は外交方針をめぐって対立していた。

 同紙が複数の米政府高官の話として伝えたところによると、ホワイトハウスのケリー大統領首席補佐官が、ティラーソン氏の交代を含めた外交・安全保障チームの改造計画を練り、政府高官と協議している。トランプ氏が了承したかは定かでないという。

 米メディアによると、ティラーソン氏はイラン核合意をめぐるトランプ氏の対応に不満を募らせて辞任を検討。会議の場でトランプ氏を「バカ」と呼んだとされるなど関係が悪化した。北朝鮮問題でも対話路線を探るティラーソン氏に対し、トランプ氏が「時間の無駄」と批判したこともあった。(ワシントン=土佐茂生)

(朝日新聞デジタル 2017年12月01日 01時26分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)