NEWS

岩泉町長、女性記者への抱きつき認め謝罪 豪雨被害で「PTSD、幻聴あった」と主張【UPDATE】

キスは「記憶にない」。岩手日報が紙面で告発

2017年12月06日 12時57分 JST | 更新 2017年12月06日 18時38分 JST
時事通信社
伊達勝身町長

岩手日報社は12月6日、同社の女性記者が岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)からわいせつ行為を受けたと発表した。同日付の紙面で告発し、ハフポスト日本版の取材に答えた。

同社によると、伊達町長は10月中旬早朝、町内に宿泊していた女性記者の元を訪ね、部屋に入ると抱きついて無理やりキスをした。

伊達町長は同社に対して、抱きついたことは認めているが、キスについては否定。「幻覚、幻聴があって助けに行くつもりで部屋に行った。わいせつ目的ではなかった」と話しているという。

同社は伊達町長に対して厳重抗議し、謝罪を求めている。

松本利巧総務局長は、ハフポスト日本版の取材に対して、告発の経緯を次のように説明した。

「問題の性質を考慮して慎重に対応してきたが、岩泉町内などで一部事実と異なる文書が出回り、さまざまな憶測も出始めていることから報道に踏み切った。今後も誠実な対応を求める」

伊達氏は1999年の町長選で初当選し、現在5期目。町内で20人以上が犠牲となった2016年8月の台風10号の豪雨の対応で、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負ったとして、10月30日から12月4日まで休職していた。

岩泉町は、ハフポスト日本版の取材に対して「事実を確認中」と話しており、伊達町長本人が午後に記者会見して経緯を説明する。

【UPDATE】(2017/12/06/18:30)

伊達町長は6日午後に記者会見し、わいせつ行為をしたとされる疑惑について説明した。抱きついたことは認めた上で、無理やりキスをしたのかについては名言を避けた。

共同ニュースによると、主な発言は以下の通り

・宿泊先を訪れた理由

「わいせつ目的で会いに行ったのではない。幻聴・幻覚によって飛び込んでいった」

・キスをしたのか

「記憶にない」

・進退について

「辞職も含めて考えていく」「町は昨年の台風10号からの復興途中で(進退について)関係者と協議している」

・女性記者への謝罪

「記者に対する迷惑行為に対し、心から謝罪する」