NEWS

たまっていた新聞で異変を察知 高齢の一人暮らし女性救助で配達員に感謝状

「助かってよかった。今後も周りへの気配りを続けていく」

2017年12月06日 16時59分 JST | 更新 2017年12月06日 16時59分 JST

Asahi
感謝状を贈られた田口英二さん(中)、ASA栗橋の中村健一所長(右)と石井堅次・加須署長=加須署

たまっていた新聞で異変察知 女性救助で配達員に感謝状

 高齢女性方の異変を通報して救助に貢献したとして、埼玉県警加須署は4日、朝日新聞販売所「ASA栗橋」(久喜市南栗橋4丁目、中村健一所長)の従業員、田口英二さん(47)に感謝状を贈った。

 署などによると、田口さんは11月25日、配達先の加須市旗井の一人暮らしの無職女性(81)宅に4日分ほどの新聞がたまっていることを心配し、駐在所へ届け出た。署員が室内へ入ると、女性は意識がもうろうとした状態で倒れており、病院へ運ばれた。命に別条はなかったという。

 田口さんは、普段から一人暮らしの高齢者には集金時などに話しかけるよう心がけてきたといい「助かってよかった。今後も周りへの気配りを続けていく」と話した。(御船紗子)

(朝日新聞デジタル 2017年12月06日 16時25分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)