ライフスタイル

世界一大きいスターバックスができた。豪華すぎてホテルのラウンジみたい…

スタバとは思えない豪華さ...

2017年12月07日 09時56分 JST | 更新 2017年12月07日 09時56分 JST
Starbucks Coffee

中国・上海に12月6日、世界一大きいスターバックス店舗がオープンした。

敷地面積は約2700平方メートルで、店内には生豆を焙煎する設備が整い、AR(拡張現実)を使ったアプリなども活用できる。

Starbucks Coffee

上海にオープンしたのは、スタバの新形態「Starbucks Reserve Roastery(スターバックス リザーブ ロースタリー)」の専門店。2014年に開店したシアトル店に次ぎ、上海店は世界で2店舗目になる。

「スターバックス リザーブ ロースタリー」では生豆からコーヒーの焙煎を店内で行うだけではなく、パンやケーキを調理するキッチン、ギフトショップなどを一体型で楽しめる施設になっている。

Starbucks Coffee
上海店の店内写真。

店内は、まるでホテルのラウンジにいるような錯覚を起こしてしまいそうなほど、ラグジュアリーな空間が広がっている。

Starbucks Coffee

Starbucks Coffee

Starbucks Coffee
大型焙煎機で新鮮なコーヒー豆を焙煎する。

また、上海店では最新のデジタル技術を駆使したガイド機能も用意。

スマートフォンで専用アプリをインストールし、カメラを店内に向けると、解説がARで表示される。例えば、焙煎機にスマートフォンをかざすと「コーヒーの淹れ方」が表示されるという。

Starbucks Coffee

日本でも、東京・中目黒に「スターバックス リザーブ ロースタリー」の4店舗目が2018年にオープン予定だ。日本進出への期待が高まりそうな上海店の写真を見てみよう。

Starbucks Coffee

Starbucks Coffee

Starbucks Coffee

Starbucks Coffee