アート&カルチャー

LINEにクリスマスの“隠し機能”が登場 でもリア充限定...?

クリスマスシーズン限定の隠し機能。キュンとくる...💕

2017年12月08日 13時30分 JST | 更新 2017年12月08日 15時39分 JST

クリスマス、一緒に過ごしたい人がいる。

そんな人にぜひ使ってみてほしい素敵な隠し機能が、LINEに追加されました。

 ***

「クリスマスなにしてるの?」

と打ち込んで、メッセージを送信してみると...

LINE

トーク画面が真っ暗になり、クリスマスのオーナメントやキャラクターが現れます。

隠し機能は、iOS限定。Android版は残念ながら対応していません。

表示されるキャラクターは複数のバージョンがあるそう。

LINE

「クリスマス」など、別の言葉を送信しても隠し機能は発動しません。

LINE
「クリスマス」「クリスマスイブ仕事なんだけどつらい」と送信しても反応なし...。

 ***

花火」、「ハロウィン」に続いて出現した、期間限定の隠し機能。

今回は、「クリスマスの予定を聞く」という、使うタイミングが限られる言葉が対象になりました。

LINE株式会社によると、「片想いしている人を応援したい」という思いでこの隠し機能を追加したそうです。

同社は12月8日、同級生に恋をしている女子高生が好きな人にクリスマスの予定を聞き、切ない片想いに葛藤する様子を描いた動画も公開しました。

同社の広報担当者は、ハフポスト日本版の取材に対し、「片想い中の方が、LINEのメッセージをきっかけにクリスマスのデートの約束を取り付けたり、2人の距離が縮まるきっかけになるといいな、と思っています」とコメントしています。

 ***

何も登場しないという方は、「設定」をタップして、再びトーク画面で送信してみてください。設定は、以下の画像のピンクで囲っている箇所です。