これからの経済
2017年12月14日 14時43分 JST | 更新 2017年12月14日 14時44分 JST

飛行機でドイツ全体に巨大クリスマスツリーを描いてみた。

エアバス、ライバルに対抗か?

ある飛行機が、ドイツ全体に及ぶ巨大なクリスマスツリーを航路で描いた。

Flightradar24
飛行機で巨大なクリスマスツリーを描いた

このツリーを描いたのは、欧州航空機大手エアバスの飛行テストチーム。飛行ルートを追跡できる「Flightradar24」によると、チームは12月13日にドイツ北部の都市ハンブルクを出発。円やジグザグを描きながら、約5時間かけて巨大なツリーを描き上げた。

なお、エアバスのライバルにあたるアメリカ航空機大手ボーイングも、過去に飛行テストでお絵かきを披露している。ボーイングは2月には9時間かけて「MAX」の文字を、8月には約18時間かけて飛行機の絵を描いていた

今回エアバスがテスト飛行に使ったのは、エミレーツ航空のA380機だった。A380は「スーパージャンボ」と呼ばれる超大型機だが、受注総数の半数近くがエミレーツ航空によるものだ

しかし、近年はコスト重視などの風潮に押され、A380より小型の「ドリームライナー」などを展開するボーイングに受注を奪われる事態も起きていた。今回のツリー描画は、ライバルに対抗したお絵かきとも考えられそうだ。