WORLD
2017年12月13日 16時42分 JST | 更新 2017年12月13日 16時44分 JST

韓国・釜山の食用犬市場が閉鎖へ 全国屈指の規模だった

「営業を代替できる多様な対策が設けられれば、転業と廃業に同意する」と商人たち。

韓国南東部・釜山にある亀浦(クポ)の市場が閉鎖される。食用犬を扱う市場だ。動物愛護団体などによる閉鎖要求がつづいていた。転業・廃業する商人たちへの支援も行われる見通しだ。

2017年8月、この亀浦犬市場をめぐって議論が巻き起こった。

足を縛られた食用犬が、真昼の路上を引きずられていく動画が拡散。以降、動物愛護団体などを中心に、犬市場の閉鎖を要求する意見が殺到した。

News1

Weelky today」は、動物保護団体が11月25日にも、亀浦市場の入り口で「犬市場閉鎖」を要求する集会を開いたと報じた。この市場がある釜山北区の関係者は、7月から「亀浦犬市場環境改善」対策樹立に向けた担当チームを構成したと明かした。

亀浦犬市場は一時、全国屈指の規模だったが、現在は18店舗だけが残っていた。

国際新聞」によると、12月7日、亀浦犬市場の商人たちは「家畜商人の発展に向けて、現在営業を代替できる多様な形態の対策が設けられれば、転業と廃業に同意する」との意向を示したという。

また国際新聞は「商人は補償金を受けられない代わりに、間接的な支援を要求する。業種転換にかかるインテリア費用と、都市再生事業をする際に、商店街特別分譲を受けられるようにと要請した」「北区も、低利融資と設立支援などを含めた詳細な内容を検討中」と報じている。

ハフポスト韓国版から翻訳、編集しました。