NEWS
2017年12月13日 14時18分 JST | 更新 2017年12月13日 14時19分 JST

愛媛・伊方原発、運転禁止の仮処分決定 広島高裁

運転禁止の司法判断は初

Jiji
四国電力の伊方原子力発電所。原子力規制委員会は、運転開始から40年を迎える1号機の廃炉計画を認可した。約40年かけて廃炉作業が実される=13日、愛媛県伊方町

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、広島高裁(野々上友之裁判長)は12月13日、申し立てを却下した2017年3月の広島地裁決定を覆し、運転を禁じる仮処分の決定をしたと共同通信などが報じた。

原発の再稼働や運転を禁じた司法判断は、高裁では初めてという。

朝日新聞によると、四国電は今後、高裁に異議申し立てする方針。伊方3号機は2017年10月から定期検査で停止中だが、仮処分はただちに法的な拘束力を持つため、今回の決定を覆す司法判断が出るまで運転は再開できないという。

時事通信によると、3月の広島地裁では、原子力規制委員会が定めた新規制基準は「不合理とは言えない」と判断し、住民側の差し止め申請を却下していた。