NEWS
2017年12月16日 14時42分 JST | 更新 2017年12月16日 14時47分 JST

JR京浜東北線の鶴見―川崎間で架線断線 横浜市鶴見区

乗客らは現場から歩いて最寄り駅に向かった

12月16日午前10時55分ごろ、横浜市鶴見区のJR京浜東北線の鶴見―川崎駅間で架線が切れているのが見つかった。16日午後2時45分現在、京浜東北線の蒲田―磯子間と、東海道線の東京―熱海間、横須賀線の東京―久里浜間が上下線とも運転を見合わせている。

JR東日本によると、架線が切れていたのは上り線。電車が通過した際、異音がしたため運転士が停車させて調べたところ、断線を確認したという。

この影響で、この電車とほかの2つの電車が停車し、その場で下車した乗客らは最寄りの駅まで歩いたという。

JRは原因について調べている。