アート&カルチャー
2017年12月18日 12時03分 JST | 更新 2017年12月18日 12時03分 JST

『おんな城主 直虎』最終回視聴率は12.5%、年間平均は12.8%  過去の大河と比べると…?

女性が主人公の大河。柴崎コウが熱演しました。

NHK番組公式サイトより

『おんな城主 直虎』最終回視聴率は12.5%、年間平均は12.8%

NHKで今年1月から放送された大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)で17日に放送された最終回の番組平均視聴率が【関東】12.5%、【関西】15.0%だったことが18日、わかった。1月8日(初回)に【関東】16.9%、【関西】17.3%、【BSプレミアム】(毎週日曜 後6:00)4.3%でスタートし、全50回の平均は【関東】12.8%、【関西】14.1%、【BSP】4.4%だった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ。

 本作の主人公は、戦国時代に男の名で家督を継いだ"おんな城主"、井伊直虎(柴咲コウ)。戦のたびに当主を殺された遠江の国(静岡県西部)・井伊家にただひとり残された姫が、「直虎」と勇ましい名を名乗って乱世に立ち向かい、後に「徳川四天王」と呼ばれる武将・井伊直政の出世を支えていく一代記が描かれた。

 最終回まで、脚本家・森下佳子氏の筆は冴え渡った。謀反を起こし、信長を倒した明智が京を追われたことで、井伊谷でかくまっていた明智の遺児・自然(じねん)に追っ手が迫る。小さな命を守るため、龍雲丸(柳楽優弥)と別れ、堺より井伊谷に戻る直虎。かつて亀之丞と虎松を守り抜いたように、井伊は武力に頼らない最後の戦いを繰り広げた。

 織田信長(市川海老蔵)から名物の茶碗をやろう、と持ちかけられた徳川家康(阿部サダヲ)の嫡男・信康(妻・徳姫は信長の娘)がそれを断り、その茶碗は、長篠の戦いで足りない材木を調達した褒美として元井伊家家臣で徳川勢の中野直之(矢本悠馬)と奥山六左衛門(田中美央)に贈られ、龍潭寺に寄進されていたのだが、最終回にきて、その茶碗を利用して、明智の遺児を信長の子と大ぼらを吹いて、命を救ったのだ。

 龍潭寺には、信長の遺品として天目という茶器が今も伝わっており、根拠のあるネタをしっかり生かしながら、やがてその意味に気付く物語が、最後まで緻密に展開されていった。

 さらに、第11回で討ち死にした井伊直親役の三浦春馬、第33回で磔にされた小野但馬守政次役の高橋一生が「回想」ではなく出演。碁石で「完」と書かれた碁盤を囲んでいただけで、まともに顔も映らなかったのだが、わざわざ撮影に参加した俳優のことを思えば、この作品が出演者にも愛されていたことがうかがえた。龍雲丸役の柳楽優弥も第49回に続いて登場し、今川氏真役の尾上松也、瀬戸方久役のムロツヨシ、近藤康用役の橋本じゅんら主だったキャストが総出演。直虎が逝くシーンでは、子役たちも登場した。

 前作『真田丸』で井伊家に触れるせりふがあったが、『直虎』では最終回で徳川と北条の戦が始まり、「真田が北条についた」というさりげないせりふで戦国大河ファンを沸かせた。

 直虎の遺志を受け継ぐことを白い碁石に誓った万千代(菅田将暉)は、北条との和睦の使者として功績を上げ、家康から元服が許され、「井伊直政」の名を賜った瞬間には「涙腺崩壊」を訴える書き込みがSNSに殺到した。

 放送後、余韻に浸る間もなく、来年の大河ドラマ『西郷(せご)どん』の番宣が放送され、「まだ始まってない徳川の世が終わった」「1分も経たずに徳川の世は終わるのである。大河あるある」と、予想はできたが衝撃のオチがついた。

 制作統括の岡本幸江氏は「戦国時代、小さな谷あいの地に生きた領主・直虎の挑戦を最後まで見届けていただきありがとうございました。視聴者の皆さんからさまざまな形でお寄せいただく熱いメッセージが、泥だらけになって道を切り開く直虎の、そしてスタッフ・キャストの全員のエネルギーの源でした」と感謝。

 「この物語はここで終わりますが、直虎の志が直政に息づくように、飛んでいったたんぽぽの綿毛が遠くで再び花を咲かせるように、『おんな城主直虎』が、この後も皆様の心を温めるものであればと祈っております。ありがとうございました!」とコメントを寄せた。

■最近の大河ドラマの平均視聴率

2016年『真田丸』関東地区16.6%、関西地区15.9%、BSプレミアム4.7%

2015年『花燃ゆ』関東地区12.0%、関西地区13.0%

2014年『軍師官兵衛』関東地区15.8%、関西地区18.2%

2013年『八重の桜』関東地区14.6%、関西地区13.7%

■総集編

12月30日 総合

第一章「これが次郎の生きる道」 後1:05~後2:00

第二章「直虎の覚醒」 後2:00~後2:59

第三章「逃げるは恥だが時に勝つ」 後3:05~後4:30

第四章「井伊谷は緑なり」 後4:30~後5:43

再放送

1月2日 BSプレミアム

第一章 後3:30~後4:25

第二章 後4:25~後5:24

1月3日 BSプレミアム

第三章 後3:00~後4:25

【関連記事】