NEWS
2017年12月19日 12時02分 JST | 更新 2017年12月19日 12時02分 JST

YouTube年間音楽1位は「打上花火」 米津玄師が圧倒的な強さを見せた。

「ありがとうございます。これからも良い曲を作れるように頑張りたいと思います」とのコメント

米津玄師 公式ホームページより

​​​​​​​

今年YouTubeで最も注目を集めた国内動画ランキング「国内年間トップトレンド2017」が発表され、音楽部門1位はDAOKO×米津玄師「打上花火」、2位はWANIMA「やってみよう」(フルver.)、3位は米津玄師「ピースサイン」となった。米津は7位にも「orion」がランクインし、圧倒的な強さを見せた。

 2017年にYouTubeにアップロードされた動画の中から、再生数、共有、コメント、評価、派生動画数など、さまざまな数値を基にしてランキング。1位にはDAOKOと米津玄師のコラボ曲で、8月に公開されたアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌の「打上花火」(約8700万再生)が輝いた。

 DAOKOは「いろんな巡りあわせで生まれた運命の一曲だと思います。皆さんのひと夏の一部になれて、光栄です。とってもうれしいです。これからも音楽で繋がっていけるように、頑張ります」とコメントした。

 「打上花火」の作詞・作曲・歌唱・プロデュースを手がけた米津は、3位に「ピースサイン」、7位「orion」と、3本のミュージックビデオ(MV)がTOP10入り。「ありがとうございます。これからも良い曲を作れるように頑張りたいと思います」とのコメントを寄せた。

 6月に日本デビューしたアジア発の9人組ガールズグループ・TWICEは、4位に代表曲の日本語バージョン「TT -Japanese ver.-」、9位に「SIGNAL」、10位に「KNOCK KNOCK」と、こちらも3本のMVがTOP10入りした。

■国内年間トップトレンド音楽動画 2017

1位 DAOKO×米津玄師「打上花火」

2位 WANIMA「やってみよう」フルver.

3位 米津玄師「ピースサイン」

4位 TWICE「TT -Japanese ver.-」

5位 欅坂46「不協和音」

6位 エド・シーラン「Shape of You」

7位 米津玄師「orion」

8位 乃木坂46「インフルエンサー」

9位 TWICE 「SIGNAL」

10位 TWICE「KNOCK KNOCK」

【関連記事】