特集

演出家・市原幹也氏がセクハラ謝罪「立場を利用し性的関係を迫った」 Twitterでの告発受け

「私たちの夢を性欲の捌け口にするな」

2017年12月20日 14時35分 JST | 更新 2017年12月20日 14時35分 JST
市原幹也氏の公式ホームページ

演出家の市原幹也氏が、立場を利用して女性に性的な関係をせまるなどのセクハラ行為に及んだと、謝罪した。

市原氏は12月19日、自身の公式ホームページで「お詫び」と題した謝罪文を掲載。

謝罪に至った経緯を「Twitterにおいて、私が過去に何人かの女性に対して立場を利用し性的な関係をせまるなどして恐怖を感じさせ、また演劇界に抱いていた夢に対して失望させたという告発がなされ」たと説明。

告発がなされるまで自分の側からは沈黙していたことについて、心から重大に受け止め責任を感じております」ともつづった。

Twitterには、市原氏からセクハラされたと見られる女性から、「俺と寝たら売れさせてやる、と言われた」「私たちの夢を性欲の捌け口にするな」など告発の声があがっていた。

市原氏は「誠に恥ずかしいことながら、まだ告発に及んでおらぬ方々の中にも、私から精神的苦痛を被った方がおられる可能性を、私は否定できません」とした上で、今後の対応について「自分で心当たりを確認し、自分の能力のおける限りもれなくお詫びできますよう、連絡先を設けるなどの方法を探してゆくつもりです」と記した。

●日本でも広がるMeTooキャンペーン

アンジェリーナ・ジョリーら有名女優が、ハリウッドの大物プロデューサー・ワインスタイン氏から過去に受けたセクハラを告発したことに端を発し、世界で広がる「MeTooキャンペーン」。多くの女性や男性が、TwitterなどのSNSに「#MeToo」のハッシュタグをつけて過去の辛いセクハラ体験を告白しはじめた。

その波は日本にも広がる。

12月17日にブロガーのはあちゅうさんがBuzzFeed Japanの取材に応じ、元電通の著名クリエイターから過去に受けたセクハラとパワハラを告発した。これを受け、日本でも多くの女性が声を上げ始めている。

市原氏から受けたセクハラを告発した女性たちも、こうした流れで背中を押されたものとみられる。

 ◇

市原氏は劇団「のこされ劇場」を主宰。2013年からは「横浜トリエンナーレ」サポーター活動の年間講師を務めている。