NEWS

高校生の塾費用、公立も年10万円突破 私立は17万1462円

一方、芸術・文化やスポーツにかける費用は長期的にみると減少傾向にある。

2017年12月23日 11時15分 JST

Asahi
高校生の塾の費用が上がっている

高校生の塾費用、公立も年10万円突破 文科省が調査

 高校生が塾に通うためにかける費用が、公私立ともに過去最高を更新し、公立高の生徒の平均が初めて年間10万円を超えたことが、文部科学省が22日に公表した調査の結果で分かった。一方、芸術・文化やスポーツにかける費用は長期的にみると減少傾向にある。

 学習費の調査は2年ごとに実施している。今回は2016年度の結果で、全国の公私立幼稚園と小中高校に子を通わせる保護者約2万3700人が答えた。

 その結果、高校生が学習塾に年間かけている平均額は公立10万6767円、私立17万1462円で、公私立とも08年度から4回連続で上がった。塾に通う割合は公立35・4%(14年度比2ポイント増)、私立43・6%(同4・6ポイント増)だった。一方、芸術やスポーツなど「その他の学校外活動費」の平均額は公立3万2169円、私立5万4964円で、長期的には減少傾向にある。

(朝日新聞デジタル 2017年12月22日 21時38分)
関連ニュース