NEWS

葉室麟さん死去 「蜩ノ記」で直木賞

歴史・時代小説で知られる。「鬼神の如く 黒田叛臣伝」で司馬遼太郎賞を受賞した。

2017年12月24日 09時18分 JST | 更新 2017年12月24日 09時18分 JST

Asahi
葉室麟さん

作家の葉室麟さん死去 「蜩ノ記」で直木賞

直木賞を受賞した「蜩(ひぐらし)ノ記」などの歴史・時代小説で知られる作家の葉室麟(はむろ・りん)さんが23日、福岡市内の病院で死去した。66歳だった。通夜・葬儀は近親者で執り行う。

現在の北九州市出身。西南学院大文学部を卒業後、地方紙記者などを経て、50歳を過ぎてから創作活動に本格的に入った。歴史文学賞を受賞した「乾山晩愁」で2005年に作家デビュー。12年に直木賞を受けた「蜩ノ記」は映画化された。16年には「鬼神の如(ごと)く 黒田叛臣伝」で司馬遼太郎賞を受賞した。

歴史・時代小説のスタイルを取りながら、現代にも通じる「組織の中での個人」に光を当て、主人公の人としての誇りや意地を描き、多くのファンを得た。福岡県久留米市で執筆し、15年4月から朝日新聞西部本社版に歴史紀行「曙光を旅する」を月1回連載していた。単行本は50冊を超えるほど多作で、現在も雑誌に数本の連載を抱えていたが、11月に体調を崩して入院していた。

(朝日新聞デジタル 2017年12月23日 23時24分)
関連ニュース

2017年に亡くなった著名人