NEWS

樋口新葉「これから倍返しの始まりだ」 フィギュア五輪代表を逃した直後に投稿

「悔しい、もちろん悔しい、でも前を向くしかない」

2017年12月25日 11時36分 JST | 更新 2017年12月25日 11時39分 JST

Asahi
23日の女子フリーで演技する樋口新葉=白井伸洋撮影

樋口新葉「倍返しの始まりだ」 五輪逃した直後ツイート

 来年2月の平昌五輪代表から漏れたフィギュアスケート女子の樋口新葉(わかば)(東京・日本橋女学館高)は、国際大会の実績で坂本花織(シスメックス)を上回っていたが、全日本選手権で表彰台を逃したのが響いた。来年3月の世界選手権(イタリア・ミラノ)の代表には選ばれた。24日夜、自身のツイッターには、以下のように思いを書き込んだ。

 悔しい、もちろん悔しい、でも前を向くしかない。後戻りもできなければ未来も見ることができない。大きな夢ってこういうこと。何があるかわからない。でも人生でこんな経験できるのって大切なこと。ありがとう。まだこれで終わりじゃない。次があるんだ。やってやろう。

 何があっても明日は必ずやってくるし、諦めなかったらいつかいいことあるって信じてこの先どんなに辛いことがあっても今日のことがあったから頑張れるって思えるようにこれから倍返しの始まりだ。大変だ、だけど四年もかけてじっくりじっくり煮込むからきっと美味しくなるね。

(朝日新聞デジタル 2017年12月25日 06時38分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)