アート&カルチャー

女子高生が南極を目指すアニメ「宇宙よりも遠い場所」って何?

リアリティーを高めるため、国立極地研究所の職員らが製作に協力

2017年12月30日 09時43分 JST | 更新 2017年12月30日 12時33分 JST

女子高生は南極を目指す アニメ製作に極地研が協力

 女子高生4人が南極を目指すという、観測隊をモチーフにしたアニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」が、来年1月2日から「TOKYO MX」などで放送される。リアリティーを高めるため、国立極地研究所の職員らが製作に協力した。

朝日新聞社
南極を目指す主人公たちと南極観測船。アニメ「宇宙よりも遠い場所」から(C)YORIMOI PARTNERS

 同作品は、何かを始めたいと思いつつ最初の一歩が踏み出せない女子高校生が、南極行きを切望する同学年の仲間と出会い、南極を目指す物語。監督のいしづかあつこさんは製作に当たって、南極の資料を集め、観測隊に参加した研究者や料理人などに取材を重ねてきた。

 2010~11年の夏隊に参加した極地研広報の小浜広美さん(53)も取材を受け、南極での生活を話した。夏でも外の気温が低いため、冷蔵庫を使わずに飲み物を屋外で冷やすことなどを説明。「アニメにどう使われるかわからないけれど、放送が楽しみ」と話す。

 極地研によると、07年、南極の昭和基地へ招待した元宇宙飛行士毛利衛さん(69)の一言がアニメの題名の由来だ。毛利さんは昭和基地へ向かう際「宇宙には数分でたどり着けるが、昭和基地には何日もかかる。宇宙よりも遠いですね」と話したという。

 いしづかさんは「取材を経て、南極に滞在する人の息づかいを感じるようになった」とし、アニメを見る人に向けて「新しいことに興味を持ち、思い切って遠くを目指して欲しい。そこで得た感動は生涯、心の中に残る」と話している。

 放送日時などの詳細は公式サイト(http://yorimoi.com/)へ。(杉本崇)

(朝日新聞デジタル 2017年12月30日 06時47分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)

ハフポストの記事を読む

HUFFPOST JAPAN
​​​​​​​

2017年、たくさんの広告が炎上した。嫌われない広告の法則を考える[sponsored]

​​​​​​​

BMWジャパン社長とハフポスト編集長がドライブ。車内で語った「クルマの未来」全文掲載[sponsored]