NEWS

ABC浦川泰幸アナ、夕方のニュース番組降板 「卒業することになりました」

以前からのどの具合が悪かった

2017年12月30日 15時49分 JST | 更新 2017年12月30日 16時23分 JST

ABC浦川泰幸アナ『キャスト』降板 のどの具合が悪かった

ABC朝日放送の浦川泰幸アナウンサー(46)が28日、キャスターを務める夕方のニュース『キャスト』(月~金 後4:58~7:00)をこの日をもって卒業することを番組エンディングで発表した。

 12月5日から番組を休演していた浦川アナは、この日の放送の最後に登場し「みなさん、こんばんは。浦川泰幸です。長い間お休みをいただき、テレビをご覧のみなさまには大変ご心配とご迷惑をお掛けしました。私、浦川泰幸は2年9ヶ月担当いたしました『キャスト』を、きょうを持って卒業することになりました」と報告。

 視聴者に向けて「これまで番組をご覧になった皆さま、応援してくださった皆さま、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。どうぞこれからもキャストの応援、お願いいたします」と頭を下げた。

 局によると、浦川アナは以前からのどの具合が悪かったとのことだが、今後も退社や休業はないとしている。番組は現在出演中の同局の古川昌希アナと塚本麻里衣アナが継続してキャスターを務める。

 浦川アナは1995年に同局に入社。看板番組である『おはよう朝日です』の司会を20年続けた宮根誠司からバトンを引き継ぎ、同局制作・テレビ朝日系列で全国ネット放送されているクイズ番組『アタック25』(毎週日曜 後1:25)では、36年の長きにわたって司会を務めた故・児玉清さんの後を任されるなど、同局きってのエースアナとして、視聴者からの信頼も厚い。2015年3月から『キャスト』を担当していた。

【関連記事】