アート&カルチャー
2018年01月03日 17時54分 JST | 更新 2018年01月04日 11時06分 JST

アメリカの年間映画興収ランキング、女性の主演映画がトップ3を独占

「女性が本当の意味で映画の巨人として台頭した年だ」

Mario Anzuoni / Reuters

2017年のアメリカ国内の年間興行収入で、女性主演の映画がトップ3を独占した。ニューヨーク・タイムズなどが報じた。

1位は、デイジー・リドリー主演の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の5億3300万ドル(約598億円)。2位はエマ・ワトソン主演の『美女と野獣』の5億400万ドル(約566億円)、3位パティ・ジェンキンス監督でガル・ガドット主演の『ワンダーウーマン』の4億1260万ドル(約463億円)となった。

Getty
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』主演のデイジー・リドリー

調査会社コムスコアの上級アナリスト、ポール・デガラべディアン氏はニューヨーク・タイムズに、「女性が本当の意味で映画の巨人として台頭した年だ」と語った。

WARNER BROS
『ワンダーウーマン』主演のガル・ガドット

興行収入を分析する「Box Office Mojo」とデータベース「Box Office Madness」によると、女性主演の映画で興行収入のトップを独占したのは1958年以来だという。その時はミッツィ・ゲイナー主演の『南太平洋』、ロザリンド・ラッセル主演の『メイム叔母さん』、エリザベス・テイラーの『熱いトタン屋根の猫』がトップ3となった。

しかし、ニューヨーク・タイムズによると、興行収入の統計は1980年まで不確定要素が多いという。それでも女性主演映画によるトップ3の独占は、少なくとも数十年はなかったとみられる。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

ハフポストの記事をもっと読む

HUFFPOST JAPAN

あなたの会社の広告は大丈夫? 嫌われない広告の法則とは。[sponsored]

BMWジャパン社長とハフポスト編集長がドライブ。車内で何を語った?[sponsored]