NEWS
2018年01月04日 15時20分 JST | 更新 2018年01月04日 15時20分 JST

セカオワ・Saori、第1子出産をTwitterで報告「小さな命は本当に愛しくて、涙が溢れてきました」

「私達の元へ来てくれた子供に感謝の気持ちでいっぱいです」

endoftheworld_sekainoowari_s Verified
本人のInstagramより

人気バンド「SEKAI NO OWARI」メンバーのSaoriが1月4日、自身の公式Twitterを更新し、「年の瀬に無事第一子が誕生し、2018年を新しい家族と共に迎えることが出来ました」と、年末に第1子を出産したことを報告した。

Twitterには、赤ちゃんの小さな手を握るSaoriの写真が添えられ、「やっと会えた小さな命は本当に愛しくて、ぽろぽろと涙が溢れてきました。ずっと支えてくれた旦那さんと、私達の元へ来てくれた子供に感謝の気持ちでいっぱいです」と出産の感動や、夫への思いをつづった。

Saoriは、2017年1月に約5年の交際を経て、俳優の池田大と結婚。8月に妊娠を発表し、11月末に休業に入っていた。

池田もTwitterを更新し、「僕らの元に産まれてきてくれたこの小さな命をしっかりと守っていきたいと思います」と決意を新たにした。

「SEKAI NO OWARI」は年末の紅白歌合戦にも出場。産休中のSaoriに代わり、普段はギターを担当するNakajinがピアノを演奏していた

■ 本名の藤崎彩織で小説も発表

Saoriは10月、本名の藤崎彩織で小説「ふたご」を発表。忙しい音楽活動のかたわらで5年の年月をかけて書き上げた約300ページの大作は、第158回直木賞の候補作となった

「ふたご」は、あるバンドのデビュー前夜を描いた物語。いつも一人ぼっちでピアノだけが友達だった中学生の夏子と、不良っぽく見えるが感受性の強い高校生の月島の青春を描く。月島は2人のことを「ふたごのようだと思っている」と言う場面があり、これが本のタイトルにもなった。