アート&カルチャー
2018年01月06日 18時08分 JST | 更新 2018年01月06日 18時14分 JST

「愛犬の分身、300万円で作ります」 “クローンワンコ”がリアルすぎて驚きを隠せない

あまりにもリアルで、びっくりします。

Aya Ikuta / HuffPost japan

愛犬の「分身」、作ります——。

映画やキャラクターの企画開発などを手がける制作会社(株式会社ブラスト)が、愛犬にそっくりな姿のリアルな模型をオーダーメイドできるサービス「クローンワンコ」を2018年1月15日より開始する。

冒頭の写真にうつっているのが、「クローンワンコ」だ。まるで生きているトイ・プードルのように見えるが、最新の特殊造形技術や素材を用いて作られている。決して剥製ではない。

愛犬の写真とサイズを元に、体毛や皮膚、肉球、瞳、爪などを忠実に再現。

皮膚にはシリコンラバーを使い、体毛は一本ずつ手作業で植毛を施すという。約3カ月がかりで1体の「クローンワンコ」が完成する。

Aya Ikuta/ HuffPost Japan

ペットロスに苦しむ人のための「クローンワンコ」

株式会社ブラストの代表取締役・プロデューサーの岡部淳也氏によると、「クローンワンコ」は愛犬死後のペットロスなどに寂しさを募らせる人たちのために生まれた。

同社は2016年、岡部氏の「生き物を殺して作る剥製ではない、新しいタイプの動物の美術品を作ろう」との思いで、本物のシロクマそっくりのリアルな動物美術品「ANIMALS AS ART」を発表。

海外でシロクマの剥製を目にした岡部氏が、人間の鑑賞物にするために、動物が殺されるのを見て「やり切れない気持ちになった」のがきっかけという。

この美術品を見た一部の人から、「死んでしまった愛犬で同じものを作ってほしい」との感想を受け、このサービスの発案に至った。

オーダーメイドで製作期間もかかるため、価格は犬のサイズごとに、Sサイズ300万円、Mサイズ350万円、Lサイズ400万円、LLサイズ450万円と高額だ。

「それでも、すでに数件の注文が入っています」と岡部氏は語る。あまりにもリアルな見た目から、戸惑いや批判の声が寄せられる可能性もあるが、「クローンワンコ」を必要とする人に届けることが重要だという。

6日から7日にアーツ千代田3331(東京都千代田区)で開催されているお披露目会では、シロクマの「ANIMALS AS ART」や岡部氏が実際に飼っているペットをモデルにした「クローンワンコ」が飾られている。

Aya Ikuta / HuffPost Japan
「ANIMALS AS ART」のシロクマ親子セット。

Aya Ikuta / HuffPost Japan
左が岡部氏の愛犬の写真。右が愛犬の「クローンワンコ」。

Aya Ikuta / HuffPost Japan

Aya Ikuta / HuffPost Japan