WORLD
2018年01月09日 09時52分 JST | 更新 2018年01月09日 10時15分 JST

H&M、「人種差別」との批判受け謝罪 “猿”と書かれたパーカーに黒人少年を起用

「不適切なうえ、不快感を与え、人種差別的だ」

@CharlesMBlow / Twitter

「ジャングルで最もクールな猿」とプリントされたパーカーの広告に黒人少年を起用したアパレルメーカーのH&Mが、「人種差別的」との批判の声を受け、謝罪した。1月8日、ハフポストUK版などが報じた。

批判が寄せられたのは、H&Mがオンラインストアに掲載した商品。

英語で「Coolest Monkey In The Jungle(ジャングルで最もクールな猿)」とプリントされており、黒人の少年がパーカーのモデルを担当した。

この写真について、Twitter上で「今の時代において、ブランドやアートディレクターがこんなに不注意で、無知でいるなんてありえない」「不適切なうえ、不快感を与え、人種差別的だ」などの非難の声が相次いだ。

こうした批判を受け、H&Mの広報担当者はハフポストUK版の取材に対し、「該当の写真をH&Mのオンラインストアから削除しました。不快感を与えてしまったことに対し謝罪いたします」とコメント。商品写真にモデルを起用せず、パーカー単体の写真に差し替えた。

過去に広告打ち切りの例も

欧米などでは、アフリカ系や非白人の人を猿にたとえるのは、人種差別とされることが多い。

過去にも、日本の携帯電話会社のCMで、猿が選挙演説する広告が、当時大統領をめざしていたアメリカのオバマ上院議員らへの人種差別につながるとして問題になった。「差別の意図ははなかった」などの意見もあったが、広告は打ち切られた。

また、サッカー界ではここ数年、黒人選手を「猿」と呼んだり、ピッチにバナナが投げ込まれたりする差別問題が相次いでいる。