NEWS
2018年01月10日 11時15分 JST

「トイレが詰まった」「妻が浮気」… 110番通報の2割は緊急性なし

「緊急性ないものは警察相談専用電話へ」と警視庁は呼びかけている

トイレ詰まった、妻浮気...110番通報、2割緊急性なし

昨年1~11月に全国の警察が受理した110番通報は820万6502件で、前年同期より7万5733件(0・9%)減った。このうち約2割が緊急性がなく、110番にふさわしくない通報だった。10日の「110番の日」を前に警察庁が発表した。

同庁によると、全体のうち159万3478件(19・4%)で緊急性がなかった。「妻が浮気をしているようだ。帰りが遅い」「トイレが詰まっている」といった通報のほか、事件に遭ったという虚偽通報もあったという。

同庁は、通報は事件や事故、人命救助など緊急性のあるものにとどめ、その他は「警察相談専用電話」(#9110)にかけてほしいと呼びかけている。

(朝日新聞デジタル 2018年01月10日 05時03分)
関連ニュース