NEWS
2018年01月09日 14時45分 JST | 更新 2018年01月09日 14時45分 JST

カヌー鈴木選手「他にも妨害行為」 飲み物に禁止薬物の混入のほか、パドルに細工など

連盟「極めて悪質と言わざるを得ない」

朝日新聞社提供
鈴木康大選手

鈴木選手「他にも妨害行為」 カヌー連盟「極めて悪質」

 日本カヌー連盟は9日、昨秋に石川県小松市で行われたカヌー・スプリントの日本選手権で、カヤックシングル(1人乗り)に出場した鈴木康大選手(32)が、ライバルの小松正治選手(25)の飲み物に故意に禁止薬物を混入していたと発表した。また、鈴木選手は連盟に対し、他の複数の選手にも妨害行為をしたことを認めたという。

 連盟の説明によると、小松選手は、薬物を混入されたことや練習器具がなくなったことについて、石川県警に被害届を提出。小松選手以外への妨害行為はパドルを細工するなどしたとみられ、薬物を混入させたケースはないという。連盟の古谷利彦専務理事は記者会見で「極めて悪質と言わざるを得ない」と話した。

 関係者によると、鈴木選手は、インターネット通販で購入した筋肉増強剤ともいわれるたんぱく同化薬の一種を、レース中に放置されていた小松選手の飲料水用のボトルに混入したという。その動機について、鈴木選手は「東京五輪出場が危うくなったと感じ、ライバルを陥れようとした」などと説明した。

 カヌー・スプリントは直線コースで複数の艇が一斉スタートし、200メートル、500メートルなどの距離を争う。カヌーには1、2、4人乗りなどがある。両選手はいずれも昨夏のカヌー・スプリント世界選手権(チェコ)の日本代表で20年東京五輪の代表候補入りを目指すライバル関係にあった。

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は同日、薬物を混入した鈴木選手に対して、8年間の資格停止処分を科すと発表した。同時に、被害を受けて陽性反応を示した小松選手への暫定的な資格停止処分を取り消した。カヌー連盟は鈴木選手の除名を検討する。(照屋健)

(朝日新聞デジタル 2018年01月09日 13時47分)
関連ニュース