NEWS
2018年01月16日 13時26分 JST | 更新 2018年01月16日 13時26分 JST

長谷川等伯や横山大観の傑作、すべて売却へ DIC川村記念美術館

国の重要文化財を含む日本画の名品を、すべて譲渡(売却)する方針を決めた。

朝日新聞社提供

長谷川等伯や横山大観の傑作、全て売却へ DIC美術館

 印象派や現代アートなど約1千点の幅広いコレクションで知られるDIC川村記念美術館(千葉県佐倉市)が、安土桃山時代の絵師・長谷川等伯作の国の重要文化財を含む日本画の名品を、すべて譲渡(売却)する方針を決めたことが15日、わかった。同館は「新たな収集方針の策定に伴うもの」と説明している。

 同館の日本画作品は、等伯や尾形光琳の近世絵画、横山大観や上村松園らの近代日本画など約20点ある。いずれも名品ぞろいで来館者の人気も高かったが、昨年12月に公開を終了。今後、国内の美術館や博物館、個人に全点を譲渡する。

 これらの作品の中で最も貴重とされているのが、国の重文に指定されている等伯の「烏鷺(うろ)図屛風(びょうぶ)」だ。縦約150センチ、横約350センチの左右一つの屛風は、左の黒い烏(からす)と右の白い鷺(さぎ)の対照が見事な晩年期の傑作で、同館最初の所蔵作品だった。

 文化財保護法は文化財の所有者が変更された場合、届け出を義務づけ、保存や公開に努めるよう定めている。同館はすでに文化庁への届け出と譲渡を完了。ただ、譲渡先などは公表できないとしている。

(朝日新聞デジタル 2018年01月16日 12時03分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)