ライフスタイル
2018年01月18日 06時00分 JST

「あなたの体型は見本にならない」と雑誌掲載を拒否された女性モデルが訴えたこと

「すべての女性が自分を愛せる世の中に…」

Yves Herman / Reuters
ニーナ・アグダル(撮影=2015年5月18日)

下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のショーへの出演や、レオナルド・ディカプリオと交際していたことで知られるデンマーク人モデル、ニーナ・アグダル。

彼女が1月12日にInstagramに投稿した写真が、話題を呼んでいる。

Nina Agdalさん(@ninaagdal)がシェアした投稿 -

胸に手を当てたセミヌード写真を公開したニーナ。

数カ月前、信頼するクリエイティブチームとともに表紙の撮影をした雑誌の出版社から、撮った写真を掲載しないとメールで通告されたという。

メールには、写真はニーナの魅力を引き出せていないし、雑誌のターゲット層に合っていないと書かれていた。

また、「これでは"見本"にならないから」とも記されていた。

このメールの内容に、彼女は怒りを爆発させた。

"この業界が今なお持つ理不尽さにがっかりし、ぞっとしたわ。謝罪の言葉もなく「表紙と特集ページの掲載を見送る」なんて...そんなのあんまりじゃない!" 

ニーナは、「痩せていることは、女性に求められる美しさ」という社会の風潮に警鐘を鳴らし、以下のように思いを綴った。

"私は、鍛えられたヘルシーな体型のモデルよ。16歳でこのクレイジーな世界に入って、不健康で満たされない食生活を経験したけど、今の状態にまで進化した自分の体を誇りに思ってる"

"これはファッション業界だけでなく、一般の多くの女性たちにも影響を与える問題。私は世の女性たちが自分の体を愛せるよう、意識を広めサポートしていくって決めたわ。互いを貶め合うのではなく、互いに高め合えるような道を、一緒に模索していきましょう"

この投稿に対してフォロワーからは、「声をあげてくれてありがとう」、「どんな産業においても、太っていることより痩せている方がいいという考えがあって、呆れるわ」といった共感の声が寄せられた。

ニーナは1月14日、Instagramに動画を投稿。ファンからのサポートに感謝の気持ちを述べた。

Nina Agdalさん(@ninaagdal)がシェアした投稿 -

これは始まりにすぎないけど、お互いを高め合える未来のために闘うって約束するわ。

自分の身体を肯定して、互いに愛し合いましょう

「すべての女性が自分の身体を愛せる世の中に」

ニーナの投稿につけられた「#mybodymybusiness (私の身体は私の問題よ)」というハッシュタグ。ニーナに賛同する多くの女性がSNSでこのハッシュタグをつけた投稿をしている。

また類似のタグである「#mybodymychoice(私の身体は私が決める)」 というタグには、現在までに118,334件の投稿が集まっている。「自分の身体を受け入れ、愛そう」という動きが世界的なものになりつつあることがうかがえる。

現在ファッションや広告業界では、女性のありのままの姿を奨励する「ボディ・ポジティブ」のムーブメントが広がりを見せている。

2017年7月には、ぽっちゃり体型モデルが、スポーツ雑誌が主催した水着ショーのランウェイに登場し、会場を沸かせた。

ニーナも契約を結んでいるヴィクトリアズ・シークレットは、ショーツの場合はXSからXLまで幅広くサイズ展開している。しかし、広告塔であるモデルは痩せているモデルが多く、プラスサイズのモデルがいない。

2017年11月、このことに問題意識を持った27歳の女性が、「ヴィクトリアズ・シークレット」の広告と同じポーズで撮影した写真をInstagramに投稿し、反響を呼んだ。

「すべての女性が自分の身体を愛せる世の中にしたい」。ニーナが掲げた目標に期待したい。

lbo

ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。
女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp